【家庭菜園】基本の平畝、平高畝の簡単な作り方

2021年9月19日

野菜作り初心者
野菜作り初心者
初めて畝を作るんですけど、どうやったらいいんですか?

ということで、まったく始めての方でも簡単に畝作りができる方法を紹介します。

用意するものはスコップ、鍬、水糸、踏板、マルチの5つです。

畝の種類にもいろいろありますが、基本的な平畝と平高畝の作り方について写真で順を追って説明していきますね。

《関連記事》【家庭菜園】畝とは何ぞや?畝の種類と選び方、それぞれの効果について

目次

平畝の作り方

①畝を作る場所の土をスコップで反転して砕いておきます。

固く締まった土では植物の根張が悪いので、畝作りの直前に畑を起こしておくことをおススメします。

雑草を取りながら、スコップで土をひっくり返して土を砕いておきます。
結構骨の折れる作業なので休み休みやりましょうw

②水糸を畑に張って、踏板で土を鎮圧していきます。

まず、水糸を張って真っすぐな線を確認できるようにしておきます。

分かり難い写真でスイマセン…左側に黄色い水糸を張りました。

次に、踏板の上に乗っかり体重をかけて表面の土をしっかり締めます。踏板の上で軽くジャンプしてどんどんしてOKです。水糸の線に沿って踏板をパタパタひっくり返しながら進みます。

水糸の線に沿って踏板をパタパタひっくり返しながら進みます。
出来れば2回は鎮圧したいです。

踏板で土を鎮圧する理由は、土の表面を固く締めて、その下はふんわりしている状態を作るためです。(※表面を鎮圧する理由は土壌水分を逃がさないためになります)

踏板は是非用意したいアイテムです。ホームセンターで手ごろな板を見つけて、あらかじめ幅を決めて切っておくと何度も使えて便利ですよ。

※余談ですが畝の幅はその都度変えるのではなく、毎度同じ幅で統一することをおススメします。購入するマルチ、防虫ネットなど、すべて畝幅を揃えておくと汎用性があってとても使いやすいです。個人的には135㎝幅のマルチが使いやすいので、踏板もこれに合わせて(幅110㎝にしてあります)作ったものをずっと使っています。

《関連記事》【家庭菜園】防虫ネット、寒冷紗、ビニールなどの被覆資材をトンネルで畑に設置する方法①資材の購入「支柱や被覆資材のサイズの選び方」について

③鎮圧した周りの土を鍬で削ります。

あとでマルチを張るので、マルチの裾を埋める溝を掘っておきます。

大分畝らしくなってきました~
勢いで2本目の畝も作っていきます。

④マルチを張ります。

マルチは少しの土で押さえながら、仮止めを繰り返して「しわ」にならないようにピンと張ります。※「しわ」にならない場所(マルチの裾)を探して、足で押さえて鍬で土を掛けるのがコツです。

出来るだけピンと張りましょう(^^♪
左側がマルチを仮止めした状態です。

マルチの裾を完全に土で密閉すれば完成です‼

平高畝の作り方

①畝を作る場所の土をスコップで反転して砕いておきます。

平高畝は大根などの根菜で使うことが多いので、塊が残らないように土を砕いておきます。この時に、雑草や石ころは丁寧にのぞいておきましょう。

スコップを入れながら、耕す深さが均一になるように気を使ってみてください。

②水糸を畑に張って、スコップで土を盛り上げます。

平高畝は地面よりも盛り上がった畝なので、畝になる場所(この時点では大体でOKです)にスコップで土を盛り上げます。

畝になる場所の両サイド(大体でOK、少し幅を広めに)から土を盛り上げます。

③盛り上げた土を踏板で鎮圧していきます。

「平畝の作り方」と同じく踏板の上に乗っかって、体重をかけて表面の土を鎮圧してきます。

容赦なく体重をかけて、表面を固く締めてください。

④鎮圧した部分の上に、もう一度土を盛り上げます。

踏板で畝幅がわかるので、土が不足している場所はこの時点で追加しておきます。※畝の形を決める作業ですね。

少し乱暴でもいいので大体の畝の形を決めちゃってください。

⑤もう一回踏板で表面を鎮圧します。

もう一回、体重をかけて踏板で畝の表面を鎮圧しておきます。畝の表面(植え付けする場所)を整える作業です。

がっつり体重掛けても大丈夫です。一回鎮圧してあるので畝は崩れません。

⑥畝の側面を手で叩いて成形していきます。

畝の側面は手でパンパンたたいて整えます。

出来るだけ強い力で叩いて側面もしっかり鎮圧します。
叩いた手の後が生生しい…

⑦マルチを張ります。

マルチをはる要領は平畝と一緒です。なるべく「しわ」にならないように張ってください。

マルチを引いて、大根の種を撒いた平高畝です。

これで平高畝の完成です‼

おわりに

畝の基本は「表面は固く締めて、中はふんわり」です。基本さえ忘れなければどんな作り方をしても大丈夫ですから、自分なりの方法を見つけてみるのも楽しいですよ~

畝作りは野菜作りに欠かせない作業です。やっぱりいい加減な畝を立てるとそれなりの野菜しか出来ません。始めはてこずるかもしれませんが、大事な作業なので丁寧にやってみてくださいね(^^♪