【ジャガイモの育て方】種まき(植え付け)方法

2021年9月19日

ジャガイモの種(植え付け)まき方法を説明します。
基本に忠実で、とても一般的な種まき方法になります。

※ジャガイモの種まき方法は他にも色々とありまして(例えばマルチを使うやり方とか)絶対にこの方法が正解ってことはありませんのであしからず。

では、手順を追って説明していきましょう。

①畑をざっくり平らにならす


②畑に水糸を張って、鍬ですじをつける⇒これが畝になります

水糸を60㎝幅でずらしながら畑にすじをつけていきます

③すじに沿ってひたすら溝を掘る、掘った土は溝の間に積んでいく

⑤まだ掘る…ジャガイモは深植えの方が多く収穫できるので、できるだけ深く掘ります。最後の方は「掘る」というより、ごりごり土を削る感じ…土がだんだん固くなって心配になる方もいるかと思いますが、じゃがいもは基本的に種芋よりも上にできるので大丈夫です。

※人力で掘った場合せいぜい20㎝位が限界なので、深すぎる心配はいらないです。

⑥溝の底に種芋を並べていく…株間30㎝位(大体でOK)

⑦足で掘り起こした土を溝に戻して芋の種まき完了

全部土を戻したら、畑は平らになって、どこに種芋植えたのか分からなくなりますが、そのうち芽が出て畝の場所がわかるようになるので心配しなくて大丈夫です。

こんな感じで完成、見た目は更地になります。

後は芽が出るまで気長に待ちましょう。

※芽が出るまでの管理についてですが、何回か足で目暗除草してあげると、その後の除草管理が楽になります。やり方は簡単、足でぺっぺと土を動かしてあげるだけ…※土を動かし続ければ雑草は生えてきません

ジャガイモの種まき方法でした。