【11月の家庭菜園】種まきと苗植えできる野菜、防寒対策、収穫、畑管理のポイントまとめ

2021年9月19日

野菜作り初心者
野菜作り初心者
もう11月ですよ、すっかり寒くなりましたけど…まだ、畑に作付け出来る野菜ってあるんですか?冬になったし、今年の家庭菜園もおわりかな~
農家のおじさん
農家のおじさん
なんのなんの、この時期だからこそ作付けしなくちゃいけない野菜もあるんだよ、それに防寒対策さえしっかりやれば、冬の間に収穫できる野菜だってあるんじゃ
農家のおじさん
農家のおじさん
ところで、畑にあるキャベツやブロッコリーは大きくなったかな?
野菜作り初心者
野菜作り初心者
だいぶ大きくなりました‼
農家のおじさん
農家のおじさん
さすがに11月だからの~寒さが厳しくなる前に収穫できるものは収穫しなくちゃいけないね
野菜作り初心者
野菜作り初心者
なるほど、それじゃ11月に作付け出来る野菜、防寒対策、収穫で気をつけること教えてください‼
農家のおじさん
農家のおじさん
あと、畑は綺麗に片付いているかな?寒さが厳しくなる前に野菜の残差や資材はちゃんと片付けておかないといかんよ。
野菜作り初心者
野菜作り初心者
∑((゚д゚))ドキッ

目次

11月に種まき、苗植えできる代表的な野菜

そら豆、エンドウ(スナップエンドウ、さやえんどう、グリーンピース)

 種まき時期は10月~11月上旬とされています。秋に芽を出して幼苗期に冬を過ごし、春から夏にかけて大きくなり初夏に収穫する野菜です。

 この野菜、幼苗期は寒さに耐えられるのですが、大きくなる(本葉5~6枚程度)と寒さに弱くなる性質を持っています。

発芽したばかりのそら豆です。

 ですので、種まきの注意点は、タイミングを間違えないこと。早すぎると、秋に大きくなりすぎて真冬の寒さでやられてしまいます…種まきの適期は、種の袋の裏にある栽培表を参考にするか、できれば地元の農家さんや家庭菜園のベテランさんに聞いて調べておきましょう。

玉ねぎ

玉ねぎもこの時期に苗植えする代表的な野菜です。

10月の終わりから11月にかけて畑に苗植えして、収穫は5~6月になります。

そら豆、エンドウ、玉ねぎなどの越冬野菜を作付けするときの注意点は、やたらと栽培期間が長いので、沢山種まきや苗植えすると、畑を長い間占領し続けてしまうことです。

11月に気持ちよく越冬野菜を沢山植えて、気が付いたら、春に野菜を作る畑のスペースがなくなりました…なんてことにならないように、計画的に作付けしましょう。

ほうれん草、小松菜、水菜などの葉物野菜

ぼちぼち真冬ですからね…ほうれん草、小松菜、水菜などの露地(ハウス栽培ではない)葉物野菜の種まき時期も終わりに近づいてきました。

なのですが、まだぎりぎり種まき可能です。正確には種まきできる品種もあります。

11月に葉物野菜の種まきをするのであれば、種の袋にある作付け表をよく見て、時期を過ぎていないかよく確認してから品種を選んでくださいね。

野菜作り初心者
野菜作り初心者
夏に撒いたほうれん草の種が余ってるんだけど、もったいないし~種まきは10月までって書いてるけど、おんなじほうれん草でしょ…いま(11月)に種まきしたら出来るんじゃない?
タキイ種苗HPより:ホウレンソウ・吉兵衛
農家のおじさん
農家のおじさん
種メーカーさんがダメだって言ってるものはダメだよ。無駄な努力はやめなさい。いま時期にほうれん草の種まきするなら、下の品種みたいに、11月中に種まき出来るものをえらびなさいな。
タキイ種苗HPより:ホウレンソウ・朝霧

もう一つ、この時期の葉物栽培で忘れちゃいけないのが防寒対策です。

暖かい時期の葉物野菜の栽培なら、もしかしたら種まきっぱなしでもそれなりに育つかもしれません。

だけど、もう冬になりますからね、寒いんですよ…そもそも、ほとんどの植物は寒さで育たない季節を迎えるんです。それを人間様の都合で「大きくなってね」ってんだから、人工的に温かくしてあげなきゃ野菜は育ってくれません。

防寒対策について

野菜作り初心者
野菜作り初心者
葉物野菜の防寒対策ってどうやるの?まったくイメージ沸かないんですけど…
農家のおじさん
農家のおじさん
ん~口で説明するより、プロの農家さんの畑を見たほうが早いな。

ということで、お見本として、露地(ハウス栽培ではない)でほうれん草を作っている農家さんの畑を見てみましょう。

11月26日の埼玉県某所の畑です。生育途中のほうれん草…トンネルの支柱を立てている途中でした。防寒対策の準備中なのでしょう。
こちらの畑は、順番に寒冷紗のトンネルを張っているところ
すっかり防寒対策が完了した畑です。
寒冷紗だけじゃなく、穴あきトンネルを使っている農家さんもいました。

ほうれん草は比較的に寒さに強い作物ですから、こちらの地域では、がちがちのトンネルビニールで防寒対策する必要はなく、寒冷紗で十分なのでしょう。

防寒対策に使用する資材といっても色々ありまして、べたがけ資材の不織布、支柱を立てるトンネルビニールなどなど…それぞれ保温能力に差がありますから、農家さんも季節や育てている野菜の生育段階に合わせて使い分けています。

《関連記事》【家庭菜園】防寒対策「不織布、寒冷紗、ビニールトンネル」いつ使うべきか、どの方法を選ぶべきか、基本的な使用方法
《関連記事》【家庭菜園】防虫ネット、寒冷紗、ビニールなどの被覆資材をトンネルで畑に設置する方法①資材の購入「支柱や被覆資材のサイズの選び方」について

畑にある野菜、収穫、霜に注意

地域によって差がありますが…11月の末頃には霜が降りるかもしれません。

寒さ対策していない収穫期を迎えた葉物野菜があるなら、霜が降りる前に収穫することをお勧めします。

ブロッコリーや大きくなった大根、秋のキャベツなんかも比較的に寒さに強い野菜ですが、繰り返し霜にあたると痛みが始まりますので要注意です。

農家のおじさん
農家のおじさん
白菜は寒さに強いからの…まだ大丈夫じゃ

せっかく育てた野菜ですからね、元気なうちに収穫して美味しく食べちゃいましょう‼

畑はいまのうちに片付けておきましょう

最後に忘れちゃいけない、畑の片付けについて。

夏から秋にかけて栽培した野菜の残差があるのなら、ちゃんと片付けておきましょう。放置したままにしておくと畑で腐敗して、来年の作付けに悪影響を及ぼすかもしれません。

資材も放置しておくと、まず見た目悪いですからね。

大体、真冬になると寒いし、そもそも理由がないですから、畑に行く頻度は必然的に少なくなります。

結局片付けないまま冬を越して、春になって「さあ野菜作りを始めましょうかね」と畑に行けば、汚くてがっくり…なんてことにならないように。

気持ちよく年末を迎えるためにも、お天気が穏やかな日を狙って、片付けすることをおススメします。